home > 事務局 >会則

熊本県立済々黌高等学校昭和55年卒業生同窓会(55会)会則

【第1章 名称】
第1条本会は、熊本県立済々黌高等学校昭和55年卒業生同窓会(以下略称「済々黌55会」)と称する。
【第2章 目的】
第2条本会は、会員相互の親睦をはかり、母黌ならびに済々黌同窓会の発展に寄与することを目的とする。
【第3章 会員】
第3条本会の会員は、熊本県立済々黌高等学校を昭和55年3月に卒業した者、および同学年に在籍した者をもって構成する。
【第4章 事業】
第4条本会は、第2条の目的を遂行するために、次の事業を行う。
(1)55会同窓会の開催
(2)済々黌同窓会主催行事への参加と協力
(3)その他、役員が必要と認める事業
【第5章 役員】
第5条本会には次の役員を置き、その任務は次のとおりとする。
(1)会長
   1名
(済々黌55会代表ならびに本会の会務を総理する)
(2)副会長
   若干名
(会長を補佐し、会長が会務を実行できない場合は、その会務を代理する)
(3)幹事
   20名以内
(各クラスを代表するとともに、会務を分掌し、会の運営に必要な事項を処理する)
(4)事務局
   若干名
(本会の事務を統括し、本会会員の名簿等の管理を行う)
(5)会計
   1名
(本会の会計事務を統括管理する)
(6)監査
   2名
(会計監査)
第6条 役員の選出は、次の方法による。
(1) 会長ならびに幹事は、総会(同窓会)において、本会会員より選出する。
(2) 副会長、事務局、会計及び監査は、会長が幹事と協議のうえ、本会会員より選任する。
(3) 役員の各職務は、兼任することができる。
第7条 役員の任期は、2カ年とする。但し、再任を妨げない。
【第6章 会議】
第8条 会議は、総会、ならびに役員会とし、会長が毎年1回以上招集し、開催する。
第9条 総会及び役員会の議事は、出席者の過半数をもって決定する。
【第7章 委員会】
第10条 本会は、第2条の目的を遂行するために、委員会を設置することができる。
第11条 委員会は、会長が必要と認めるとき、役員会の承認を得て設置する。
第12条 委員会の長は、幹事の中から選任し、委員長が委員を任命する。
【第8章 会計】
第13条 本会の会計は、会員その他の寄付金、および雑収入をもって経理する。
第14条 本会の会計年度は、毎年12月1日より翌年11月30日までとする。
【第9章 補則】
第15条 本会の会務処理に必要な細則があるときは、役員会の承認を得てこれを別に定める。
    附則
  • この会則は、平成17年1月3日より施行する。